奄美大島で体験ダイビング&マングローブカヌーのツアーを体験出来るお店

奄美大島ダイビング&カヌー珊瑚茶屋くまのみ1くまのみ2
マングローブってなんだろう
マングローブって言葉を聞いた事ある人は多い思います
カヌーに乗っていると よく「マングローブの木はどれ?」
っと聞かれます 殆んどの人が マングローブを木の名前だったり植物の名前と思っているようです 
僕が「実は木の名前ではないんですよ」というと多くの人が「ええっーー」ってな反応 をします じゃあ マングローブってなんだ? ということになるので簡単に 説明しておきます
(カヌー中に説明するのが嫌というわけではありませんよ)

 マングローブとは・・・
熱帯や亜熱帯地域の河口など、満潮になると海水が満ちてくるところに生えている植物をまとめてマングローブと呼んでいます
満潮時と干潮時の違い
左の写真を見てもらえれば分かるかな(マウスを置いてみてね)
写真の場所は同じ場所なんです
満潮時は水がいっぱいです これがマングローブのカヌーツーリングを 満潮時にすすめている理由です 干潮の時は水がなくなってしまうので カヌーでいけない所がたくさんあるんです
時間によってまったく別物になってしまうんです
だから満潮時のカヌーじゃないとダメなんです
ツアーに参加の方はもちろん満潮時にカヌーツーリングを合わせるようなスケジュールになります 誰が何と言おうがカヌーは満潮が良いです
干潮時はマングローブの支流には入れません
奄美大島マングローブの満潮 干潮
マングローブの干潮時  マングローブウォーキング
干潮時にはまったく見るものがないかというとそんあことはありません 実は干潮の方がマングローブ住む生き物たちには出会いやすいんです 干潮時は今まで海だったところが所が干潟になります やっぱり珊瑚茶屋ではこの干潟も突き進んでしまいます
(詳しくはマングローブウォーキングで・・・)
でもカヌーなんか使いません だって疲れるばっかりだから  
マングローブの生き物たちをちょっぴり紹介
奄美大島マングローブ干潮